九度参(読み)くどまいり

精選版 日本国語大辞典の解説

くど‐まいり ‥まゐり【九度参】

〘名〙 陰暦六月九日、京都北野神社で、神前と社内の東向観音堂との間を九回行き来して参詣すること。この参詣は平日の百度参りに相当するという。九度もうで。《季・夏》
※日次紀事(1685)六月九日「北野社 南鳥居与本社其間往来九度毎度拝神前、是謂九度参

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android