コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

参詣 サンケイ

デジタル大辞泉の解説

さん‐けい【参詣】

[名](スル)神社や寺にお参りすること。おまいり。「氏神様に参詣する」「参詣人」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さんけい【参詣】

( 名 ) スル
神社やお寺にお参りすること。 「八幡宮に-する」
貴人のもとを訪れること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の参詣の言及

【観光】より


[概念]
 日本で観光という言葉の意味がどのようにとらえられているかを明らかにした調査(1979。総理府)によれば,観光とは,自然景観や名所・旧跡を〈鑑賞・見物〉したり,神社・仏閣に〈参詣〉することと理解されているようである。研究調査や統計のための観光の概念では,例えば〈休養〉や〈スポーツ〉を目的とする旅行も,観光に含めることが多い。…

【神道】より

…式内社に対しては,神祇官から奉幣することが定められていたが,平安時代のはじめに,遠隔地の神社には国司が代わって奉幣を行うようになったので,国司奉幣の神社は,神祇官奉幣の神社を官幣社と呼ぶのに対して,国幣社というようになった。 国司は任国に着くと,まず国内の主要な神社に参詣し,その後政務を執るように定められているが,その参拝の順序が固定して一宮(いちのみや),二宮,三宮の呼称がおこり,それが国内の神社の序列をあらわすことになった。さらに平安時代の末になると,国内の数々の神社を一社に統合して奉幣を簡略にすることもはじまり,そうした神社を総社(そうじや)と呼んだ。…

※「参詣」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

参詣の関連キーワード三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区三浦三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区道瀬三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区島原三重県北牟婁郡紀北町海山区馬瀬三重県北牟婁郡紀北町海山区相賀三重県熊野市紀和町楊枝川三重県南牟婁郡御浜町神木三重県南牟婁郡御浜町川瀬三重県南牟婁郡御浜町阪本三重県尾鷲市矢浜大道三重県尾鷲市三木里町三重県尾鷲市名柄町三重県熊野市磯崎町三重県熊野市大泊町三重県熊野市木本町三重県尾鷲市北浦町三重県熊野市有馬町寺社参詣曼荼羅社寺参詣曼荼羅

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

参詣の関連情報