日次紀事(読み)ひなみきじ

百科事典マイペディアの解説

日次紀事【ひなみきじ】

江戸前期の京都を中心とする年中行事の解説書。12巻12冊。黒川道祐(くろかわどうゆう)編。1676年林鵞峰(はやしがほう)序。月ごとに日を追って節序・神事公事・人事・忌日法会開帳の項を立て,行事の由来や現況を解説する。民間の習俗行事が積極的に採録されているのが特徴。神事や儀式に非公開を建て前とするものがあったため,出版後まもなく絶板処分を受けたが,のち一部変更して再刊された。《新修京都叢書》《日本庶民生活史料集成》所収。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひなみきじ【日次紀事】

江戸前期の京都を中心とする朝野公私の年中行事解説書。黒川道祐編。1676年(延宝4)林鵞峰序。中国明朝の《月令広義》にならって編集されているが,民間の習俗行事を積極的に採録したのが特徴。正月から各月ごとに,毎月1日から月末まで日をおい,節序,神事,公事,人事,忌日,法会,開帳の項を立て,それぞれ行事の由来や現況を解説している。しかし,神事や儀式には非公開をたてまえとするものもあり,出版後まもなく絶板の処分をうけた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android