コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九鬼紋七(2代) くき もんしち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九鬼紋七(2代) くき-もんしち

1895-1990 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治28年10月13日生まれ。初代九鬼紋七の長男。四日市製油場,九鬼石炭部の経営にあたる。三重銀行初代頭取や四日市築港取締役などもつとめた。昭和17年衆議院議員(日本進歩党)。平成2年11月17日死去。95歳。三重県出身。慶大卒。前名は徳三。号は寿園。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

九鬼紋七(2代)の関連キーワード昭和時代実業家

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android