コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

九鬼紋七(2代) くき もんしち

1件 の用語解説(九鬼紋七(2代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

九鬼紋七(2代) くき-もんしち

1895-1990 大正-昭和時代の実業家,政治家。
明治28年10月13日生まれ。初代九鬼紋七の長男。四日市製油場,九鬼石炭部の経営にあたる。三重銀行初代頭取や四日市築港取締役などもつとめた。昭和17年衆議院議員(日本進歩党)。平成2年11月17日死去。95歳。三重県出身。慶大卒。前名は徳三。号は寿園。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

九鬼紋七(2代)の関連キーワード深刻小説日清戦争印僑海部俊樹内閣ドイツ統一観念小説文芸倶楽部松竹(株)ドイツ映画女性労働

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone