コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

日本進歩党 にほんしんぽとう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

日本進歩党
にほんしんぽとう

日本の政党。第2次世界大戦中に東条英機内閣,小磯国昭内閣,鈴木貫太郎内閣を支持した大日本政治会を母体として,1945年11月16日結成された保守政党島田俊雄大麻唯男山崎達之輔斎藤隆夫,中村梅吉らが中心となった。所属議員 274人のうち 260人が 1946年1月公職追放された。党綱領は「国体を擁護し,民主主義に徹底し,議会中心の責任政治」をうたった。1945年12月に町田忠治総裁となり,1946年4月10日の戦後第1回の衆議院議員総選挙では直前に町田が公職追放となったが,94議席をとって第2党となり,日本自由党と連立した第1次吉田茂内閣に幣原喜重郎ら 4人が入閣した。総選挙後,幣原が総裁となった。1947年3月に解党して無所属,諸派とともに民主党を結成した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にほん‐しんぽとう〔‐シンポタウ〕【日本進歩党】

昭和20年(1945)旧立憲民政党員を中心に結成された保守政党。昭和22年(1947)、民主党となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

日本進歩党【にほんしんぽとう】

1945年に旧立憲民政党を中心に結成した保守政党。総裁町田忠治。1946年4月の選挙で94名当選して第2党となり,吉田茂内閣に4名入閣。経済危機・大衆運動の高揚に直面して体質変化をしいられ,1947年解党。
→関連項目斎藤隆夫日本自由党

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

日本進歩党
にほんしんぽとう

1945年(昭和20)11月16日、旧大日本政治会を母体に結成された保守政党。総裁は町田忠治(ちゅうじ)。「国体護持」を綱領に掲げ、結党宣言でも「共産主義の排撃」をうたうなど保守の最右翼に位置し、旧議会勢力の牙城(がじょう)として幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)内閣の与党的存在を担った。1946年1月の公職追放の結果、町田総裁をはじめ幹部の大半が追放の対象となって打撃を受けたが、1946年4月の総選挙で94議席を確保、幣原喜重郎新総裁のもとで第一次吉田茂内閣に4閣僚を送った。1947年2月日本自由党との合同交渉が決裂すると一転して保守新党の結成を決め、同年3月31日に解党し、日本自由党反吉田派、国民協同党と合流して民主党を結成した。[吉田健二]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の日本進歩党の言及

【斎藤隆夫】より

…しかし次の42年4月のいわゆる翼賛選挙では,非推薦にもかかわらず兵庫5区から最高点で当選,議席を回復。第2次大戦後は46年11月の日本進歩党結成に参加,翌年幹部のほとんどが公職追放されたため一時は進歩党を代表する立場に立ち,第1次吉田茂内閣には国務大臣として入閣。47年3月の日本民主党の結党にあたっては最高委員の一人となり,片山哲内閣でも国務大臣として入閣している。…

【進歩党】より

…【宇野 俊一】(2)大日本政治会に結集し,翼賛体制を担っていた議員たちの主力が,第2次大戦直後の社会状況における保守安定勢力の形成を意図して1945年11月16日に結党した政党。正式名は日本進歩党。所属議員は274名。…

※「日本進歩党」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

日本進歩党の関連キーワード進歩党(日本進歩党)吉川 吉郎兵衛鈴木貫太郎内閣北村 又左衛門信太 儀右衛門浜野 徹太郎阿子島 俊治作田 高太郎坂下 仙一郎細川 八十八添田 敬一郎東条英機内閣小磯国昭内閣村島 喜代細川八十八小山 谷蔵今井 健彦上田 孝吉大野 一造南雲 正朔

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

日本進歩党の関連情報