乱痴気(読み)らんちき

精選版 日本国語大辞典「乱痴気」の解説

らん‐ちき【乱痴気】

〘名〙 (形動) 気を取り乱して理性を失うこと。転じて、多くの人が入り乱れて混乱した状態になるさま。酒宴の席やけんか騒ぎなどで、大騒動になるさまにいう。
※洒落本・寸南破良意(1775)きおい「サア是からアらんちき。山ざくらを、入てくれべへ」
[補注]「痴気」はあて字で「ちき」は「とんちき」などの「ちき」と同語源。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「乱痴気」の解説

らん‐ちき【乱痴気】

気を取り乱して理性を失うこと。また、多くの人が入り乱れて混乱した状態になること。「大変な乱痴気ぶり」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android