乳幼児身体発育曲線(読み)にゅうようじしんたいはついくきょくせん

妊娠・子育て用語辞典の解説

にゅうようじしんたいはついくきょくせん【乳幼児身体発育曲線】

赤ちゃんの発育の目安になるグラフで、母子健康手帳に掲載されています。これは「パーセンタイル」グラフといって、帯の中に94パーセントの子の値が入ります。グラフをつくるための基準、つまり平均値は全国の赤ちゃんの体格を調査して10年ごとに改訂されています。現在の母子健康手帳に掲載されているのは平成22年度の調査によるものです。それ以前のものとは、微妙に線も変化しているのです。

出典 母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授) 妊娠・子育て用語辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android