コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳幼児身体発育曲線 にゅうようじしんたいはついくきょくせん

1件 の用語解説(乳幼児身体発育曲線の意味・用語解説を検索)

妊娠・子育て用語辞典の解説

にゅうようじしんたいはついくきょくせん【乳幼児身体発育曲線】

赤ちゃんの発育の目安になるグラフで、母子健康手帳に掲載されています。これは「パーセンタイル」グラフといって、帯の中に94パーセントの子の値が入ります。グラフをつくるための基準、つまり平均値は全国の赤ちゃんの体格を調査して10年ごとに改訂されています。現在の母子健康手帳に掲載されているのは平成12年度の調査によるものです。それ以前のものとは、微妙に線も変化しているのです。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

乳幼児身体発育曲線の関連キーワード絵グラフ円グラフ点グラフ赤ちゃん返りカウプ指数赤ちゃんサイコグラフ赤ちゃん言葉正チャン

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone