コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳房外パジェット病 にゅうぼうがいぱじぇっとびょうExtramammary Paget's Disease

家庭医学館の解説

にゅうぼうがいぱじぇっとびょう【乳房外パジェット病 Extramammary Paget's Disease】

[どんな病気か]
 乳房外(にゅうぼうがい)ページェット病(びょう)ともいい、高齢者の外陰部によくできるほか、肛門(こうもん)の周囲やわきの下にもできます。最初は淡い紅褐色をした平らな病変で、湿疹(しっしん)やいんきんたむしとまちがわれることがあります。外陰部のものは、外陰パジェット病(「外陰パジェット病(外陰ページェット病)」)と呼びます。
 かゆみは軽く、少し進行するとかさぶたやしこりができます。見つけにくい場所のため、手遅れになってから診断されることが少なくありません。
 なお、乳房パジェット病は女性の乳房乳頭部(にゅうとうぶ)に生じる乳がんの一種ですが、皮膚の変化は乳房外パジェット病とほとんど同じ特徴を示します。
●自己発見法
 外陰部に赤みのある湿疹のような病変やかさぶたができ、治りにくく、ようすがおかしい場合は皮膚科専門医の診察を受けましょう。
[治療]
 早期のものならば、手術のみで完治します。しかし、進行してリンパ節などに転移すると、化学療法や放射線療法も効かず、治りにくくなります。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

乳房外パジェット病の関連キーワード外陰パジェット病(外陰ページェット病)皮膚がんのいろいろと自己発見法

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android