コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳房温存療法 ちぶさおんぞんりょうほう

2件 の用語解説(乳房温存療法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳房温存療法
ちぶさおんぞんりょうほう

乳癌の病巣部だけを切除し,乳房をできるだけ残す手術法。以前は再発や転移を防ぐため,乳房や胸の筋肉,リンパ節まで切除する方法がとられていた。しかし,胸筋をとるとあばら骨が浮出るなどの問題があった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

乳房温存療法【にゅうぼうおんぞんりょうほう】

乳癌(がん)の手術法の一つで,乳房を切除しない術式。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

乳房温存療法の関連キーワード乳癌マンモグラフィーガンマ・ユニット出来るだけ成る丈乳房温存手術再建手術予防切除膵切除ウーシー現象

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

乳房温存療法の関連情報