コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳房温存療法 ちぶさおんぞんりょうほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳房温存療法
ちぶさおんぞんりょうほう

乳癌の病巣部だけを切除し,乳房をできるだけ残す手術法。以前は再発や転移を防ぐため,乳房や胸の筋肉,リンパ節まで切除する方法がとられていた。しかし,胸筋をとるとあばら骨が浮出るなどの問題があった。欧米では,乳房切除と比べても治療成績に差はないとする比較試験がきっかけになり,1980年代後半から急速に温存療法が広まった。日本では胸の筋肉は残して乳房は切除する「縮小手術」が全体の6割強を占め,温存療法は1割余りである。患者も手術後の生活の質 (クオリティ・オブ・ライフ) を重視するようになっており,今後日本でも温存療法はふえると思われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

乳房温存療法【にゅうぼうおんぞんりょうほう】

乳癌(がん)の手術法の一つで,乳房を切除しない術式

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

乳房温存療法の関連キーワード乳房切断術近藤誠

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android