コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳頭亀裂 にゅうとうきれつmamillar fissure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乳頭亀裂
にゅうとうきれつ
mamillar fissure

乳児の強い吸乳による乳頭の損傷をいう。乳頭が変形していたり,乳汁分泌が不良の場合とか,離乳期を過ぎても授乳を続けているときなどに起る。乳頭の表皮が剥離し,亀裂ができると灼熱痛が起り,授乳困難となる。細菌が侵入して乳腺炎に発展することもしばしばある。乳頭の清拭,授乳時間の短縮,左右交互の授乳などを行う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android