コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

授乳 じゅにゅう

6件 の用語解説(授乳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

授乳
じゅにゅう

乳児に乳を与えること。授乳開始は,出生後 10時間前後で,新生児が深い眠りからさめたのち,与えはじめる。母乳は約1年で中止 (断乳という) し,牛乳や乳製品による授乳は哺乳瓶からコップに移す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

じゅ‐にゅう【授乳】

[名](スル)乳児に乳を飲ませること。「三時間おきに授乳する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

授乳

 母乳栄養,泌乳と類義.乳幼児に乳を飲ませること.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

じゅにゅう【授乳 lactation】

母が子に乳を与えること。母が子に乳を与える行為は,哺乳類が子を育てるときに欠くことのできない行為であるが,母が分泌した乳を子が飲むという物理的な行為であるのみならず,肌と肌のふれあいを通じて,母と子のきずなを結ぶという精神的な行為でもある。 授乳が可能になるためには,母の手によって乳房が子に与えられなければならない。これはヒト独自の条件であって,他の哺乳類の子が,自力で乳房をさがし求めるのと対照的である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

じゅにゅう【授乳】

( 名 ) スル
乳児に乳を飲ませること。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

授乳
じゅにゅう

乳児に乳汁成分を与えることをいう。授乳の際の乳汁成分としては、母乳のほか、人工栄養として一般的に普及している調製粉乳が中心となっており、この育児用ミルクが入手できる限りは、原則として牛乳は用いないほうがよい。しかし離乳食が進行して3回食となる9か月ごろから牛乳に切り替えてよく、その際には牛乳をそのまま、ないしは少量の砂糖を添加して用いる。
 乳汁としては、母乳がもっとも望ましいことは当然であるが、人工栄養、とくに育児用ミルクも年々改善されて母乳に近い組成となっており、母乳不足や種々の事情で母乳栄養が困難な場合は、育児用ミルクを用いても、発育に不安をきたすことはない。
 出生(しゅっしょう)後初めての授乳は、母親の疲労回復や新生児の哺乳(ほにゅう)欲をみて、生後12~24時間後に試みる。このときの母乳は初乳とよばれ、乳汁成分が濃厚で、新生児は一過性の受動免疫も得る。生後2~3週を過ぎ、母乳栄養が確定すると、授乳時間は1回に15分ぐらいとなるが、実際には初めの5分間に、哺乳量の3分の2ぐらいを一気に吸う。授乳にあたっては、清潔なガーゼに湯を浸し、乳首をよくふいたうえで含ませる。授乳は、母親が座って乳児を斜めに抱き、母子ともに楽な姿勢で、まなざしをあわせ、心地よい環境のもとに行う。授乳後は子の上半身をまっすぐにさせ、わずかに前傾させた姿勢で背中を下から上へと軽くさすり、飲み込んだ空気を吐かせる。母乳の場合でも、乳頭の裂傷や乳腺(にゅうせん)炎、母親の感染性疾患などのときは母乳栄養を中止し、人工栄養に切り替えることが望ましい。また母乳栄養の際には、母体の栄養ならびに健康管理に留意し、母体の低栄養や極端な栄養素の偏りを生じないようにし、乳汁の質の低下を防止しなければならない。
 授乳方法としては、自律授乳が一般的となっているが、生後2か月ごろまでは、乳児自身で授乳量を調整するには未熟であり、とくに人工栄養の際には1日量1000ミリリットル、1回量200ミリリットルを超えないように配慮する必要がある。しかし母乳栄養の場合には、乳児自身が授乳に際して筋肉の疲労を生じ、また母乳の分泌量にも限界があるため、自然に任せて差し支えない。授乳に際して母乳分泌量の不足をきたした場合には、随時育児用ミルクを調乳して補給しなければならない。このときは1回分を人工乳としたり、毎回人工乳を追加するなどさまざまであるが、乳児にあった方法をとればよい。離乳食の進行に伴い、しだいに授乳量は減少していくが、離乳食が1日3回となる生後9か月前後までは、母乳あるいは育児用ミルクでよく、その後牛乳に切り替えることが望ましい。この切り替えは、一挙に完全に変更させても支障なく、育児用ミルクと混ぜて薄くしたりする必要はない。
 授乳にとってもっともたいせつなことは、母乳か人工乳かではなく、乳児にとっても母親にとっても授乳行動が楽しいものであり、母子関係をはぐくみ深めていくものであるということである。[帆足英一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の授乳の言及

【哺乳】より

…授乳ともいう。子にを飲ませて育てることで,哺乳類にのみみられる行動。〈哺〉という字は〈口にふくませる〉という意味で,哺乳の成立には子の吸乳行動が不可欠である。吸乳行動は生得的で,生まれ落ちた子は直ちに自力で乳房に吸いつくことができる。そのために唇および舌はとくによく発達しており,コウモリ類では乳頭に吸いついたままで運ばれるほど吸いつく力は強い。ただし,最も原始的な哺乳類である単孔類では唇はなく,親にも乳頭がないが,育児囊中で乳区からしみ出た乳を舌でなめる。…

【人工栄養】より

…(8)ビタミン ビタミンC50mg/日,ビタミンD400IU/日の添加が必要。(9)授乳量 1日1000ml,1回に200mlを超えない。授乳回数は1日5~8回とする。…

【哺乳】より

…授乳ともいう。子にを飲ませて育てることで,哺乳類にのみみられる行動。…

※「授乳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

授乳の関連キーワード御差し加恩裁許授乳期哺育親の因果が子に報ゆ差乳授乳回数孟母三遷授乳 (suckling)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

授乳の関連情報