コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乳頭 ニュウトウ

デジタル大辞泉の解説

にゅう‐とう【乳頭】

乳房の中央に突出する乳腺の開口部。ちくび。乳嘴(にゅうし)。
皮膚・舌などにみられる、球状に突出している構造

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

乳頭【にゅうとう】

乳房の先端で,乳管開口部にある色素に富む突起部。その基部乳輪で囲まれている。単孔類など原始的な哺乳(ほにゅう)類を除く,すべての哺乳類にある。乳頭の数は種によって異なり,モグラ4対,イノシシ6対,テンレック11〜12対で,産仔数と関連する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

乳頭

 乳腺開口部にみられる突出した部分 (mammary papilla,nipple) をいうが,それから派生して動植物体の突出部 (pappilla) をいう語として広く用いられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

にゅうとう【乳頭】

乳房の中心の突出部で、乳腺の開口部があるところ。乳嘴にゆうし。ちくび。
器官または組織におけるちくび状の小突起。舌乳頭など。乳頭突起。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

乳頭
にゅうとう

単孔目を除くすべての哺乳(ほにゅう)類の乳腺(にゅうせん)開口部(乳区)にみられる突起。一般に乳腺の発達しない雄では痕跡(こんせき)的であるが、雌ではよく発達し、乳児が乳汁を吸うのに都合よくなっている。乳頭には霊長類のように乳区そのものが隆起したものと、有蹄(ゆうてい)類などのように乳区の周囲が隆起して管状の突起となり、乳腺の開口部はその底部に位置するもの(擬乳頭という)の2種がある。単孔類では体表に直接乳腺が開口している。乳頭の位置や数も動物によって異なる。霊長類は胸部の両側に1対あって、子を抱いて哺乳する。そのほか、ウシのように腹部に集中しているものから、ブタのように腋窩(えきか)、胸、腹、鼠径(そけい)の各部に散在するものもあるし、キツネザルのように肩にあったり、ヌートリアのように背中に位置する場合もある。[守 隆夫]

ヒトにおける乳頭

乳首(ちくび)ともよばれ、乳汁を吸うのに都合よくつくられている。女性では、前胸壁で半球状に膨隆した乳房(にゅうぼう)の頂点中央部よりやや下にある円柱状の隆起物である。その位置は胸壁に投影してみると、第4肋間腔(ろっかんくう)か第5肋骨上にあたる。男性では乳房がないため、乳頭も小さいが、女性と同様、第4肋間腔か第5肋骨上に位置する。女性の乳頭の表面には多数の裂け目があり、ここに15~20個の乳管開口部がある。乳頭の皮膚には多くの神経終末が分布する。また、乳頭の周囲には、褐色の輪状部があり、これを乳輪(にゅうりん)(乳暈(にゅううん))とよぶ。褐色を呈するのは、この部分の皮膚にメラニン顆粒(かりゅう)、色素細胞があるためである。妊娠時になると乳輪の色はいっそう濃くなり、黒褐色となる。乳輪部には乳管に沿ってたくさんの平滑筋線維があり、これが収縮すると乳頭の勃起(ぼっき)がおこる。乳頭が乳輪内に陥没している状態を陥没乳頭というが、この場合は、授乳時に乳児が吸いにくいので引き出すことが必要となる。また、乳輪部には汗腺(かんせん)や乳輪腺がある。乳輪腺はアイルランドの産科医モントゴメリーW. F. Montgomery(1797―1859)にちなみモントゴメリー腺ともいう。なお、男性では思春期になると乳輪に発毛がある。[嶋井和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

乳頭の関連キーワード秋田新幹線「こまち」殺人事件乳頭異常分泌と対策尖圭コンジローマページェット病大十二指腸乳頭乳房マッサージ露天湯めぐり乳管内乳頭腫うっ血乳頭尋常性疣贅乳輪下膿瘍IPMN糸状乳頭脳圧亢進膀胱腫瘍出血乳房ニップル甲状腺癌乳腺腫瘍色素細胞

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

乳頭の関連情報