清拭(読み)セイシキ

世界大百科事典 第2版の解説

せいしき【清拭】

身体をふくことによって清潔を保つ方法。入浴は,身体の清潔のためばかりではなく,くつろぎの時をもたらす生活習慣である。しかし,疲労や衰弱が著しいとき,安静が必要なとき,発熱や受傷などによって,やむなく入浴できない場合が生じる。その際,清によって身体の清潔を保つ。体力や安静の度合に応じて,手や足,臀部など部分にとどめる部分清拭と,全身を一度にふく全身清拭とがある。就眠前の清拭や寝汗をかいた後の清拭は,身体を清潔に保ち,感染を予防するだけではなく,爽快感や慰安を与え,就眠を助ける。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

せいしき【清拭】

( 名 ) スル
病人などの、身体をふいて清潔にすること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きよ‐ぶき【清拭】

〘名〙 ぬれた雑巾をかけた後、乾いた布で拭いて仕上げること。乾いた布などで拭き上げること。
※雑俳・柳多留‐二(1767)「きよぶきに里の女は直をはなし」

せい‐しき【清拭】

〘名〙 ふいてきよめること。特に、寝たままの病人の体をタオルなどでふいて清潔にすること。
※闘(1965)〈幸田文〉一一「入浴を許されないものは、指示に従って清拭(セイシキ)をうける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

清拭の関連情報