コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾也焼 ケンヤヤキ

デジタル大辞泉の解説

けんや‐やき【×也焼】

明治初期、三浦乾也が東京向島で焼きはじめた陶器。尾形乾山の作風に倣ったもので、茶陶が多い。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんややき【乾也焼】

三浦乾也が乾山焼をもとに破笠はりつ風をとりいれて創始した陶器。1875年(明治8)東京向島の長命寺内で作ったものに名づけられた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone