コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

尾形乾山 おがた けんざん

美術人名辞典の解説

尾形乾山

江戸中期の陶工・絵師。京都生。光琳の実弟。初名は権平のち深省、名は惟允、別号に霊海・紫翠・習静堂・尚古斎・陶隠。陶芸は野々村仁清に色絵陶器の感化を受けて絵付模様に特色を出し、高雅な作品を残した。絵は光琳に学ぶ。晩年は江戸に下り、入谷に窯を開いた。寛保3年(1743)歿、81才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

おがた‐けんざん〔をがた‐〕【尾形乾山】

[1663~1743]江戸中期の陶工・画家。京都の人。光琳(こうりん)の弟。陶法を野々村仁清に学び、京都で鳴滝窯を開き、晩年は江戸入谷に窯を築いた。絵画は「八ツ橋図」「花籠図」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

尾形乾山【おがたけんざん】

江戸時代の陶工,画家。尾形光琳の弟。幼名権平,のちに深省と改め,諱(いみな)は惟允。紫翠,乾山,尚古斎などと号する。野々村仁清に陶法を学び,京都鳴滝に開窯。のち二条丁字屋町に移り,晩年江戸に出て,その間,1737年下野の佐野でも作陶した。
→関連項目鉄絵仁阿弥道八楽焼

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

尾形乾山 おがた-けんざん

1663-1743 江戸時代前期-中期の陶芸家。
寛文3年生まれ。尾形宗謙の3男。尾形光琳の弟。学問,茶事を藤村庸軒(ようけん)に,画を狩野安信にまなんだといわれる。本阿弥光悦(ほんあみ-こうえつ)の影響をうけ,野々村仁清の窯で修業する。元禄(げんろく)12年鳴滝(京都)に乾山焼を開窯。のち江戸入谷や下野(しもつけ)(栃木県)佐野で作陶した。寛保(かんぽう)3年6月2日死去。81歳。京都出身。初名は権平のち深省。名は惟允。別号に霊海,紫翠,習静堂,尚古斎,陶隠。作品に「花籠図」など。
【格言など】うきこともうれしき折も過ぎぬればただあけくれの夢ばかりなる(辞世)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

尾形乾山

没年:寛保3.6.2(1743.7.22)
生年:寛文3(1663)
野々村仁清と並ぶ江戸中期の京焼の代表的名工,画家。江戸大奥や東福門院などの御用を勤めた京都第一流の呉服商雁金屋尾形宗謙の3男。次兄には尾形光琳がいる。曾祖父道柏の妻は本阿弥光悦の姉で,祖父宗柏が鷹ケ峯の光悦村に居を構えていたように,光悦との繋がりも強い。初名は権平,のちに深省と改名,諱は惟允,扶陸とも称し,習静堂,尚古斎,陶隠,霊海,逃禅,紫翠,伝陸などと号した。乾山はもと京都鳴滝泉谷に開いた窯名であるがのちに号としても用いた。本阿弥光甫から光悦以来の楽焼の陶技を伝授されたとの伝えもあるが(佐原鞠塢『梅屋日記』),元禄2(1689)年,洛北御室仁和寺の門前双ケ岡の麓に居を構え習静堂と号し,このころから御室窯にいた野々村仁清のもとで陶技を学んだ。元禄12年8月に2代仁清から正式に陶法を伝授され,二条家から拝領した鳴滝泉谷に居を移し尚古斎と号し,仁和寺からの許可を得て窯を開き,この地が京都の西北,乾の方角に位置するところから作品に「乾山」の銘を記した。 乾山窯には押小路焼の陶工孫兵衛が細工人として参加しており,押小路焼の交趾釉法と仁清伝授の釉法とを合わせながら,白化粧と釉下色絵などに代表される乾山窯独特の釉法が確立されていった。作品は「最初之絵ハ皆々光琳自筆」(『陶磁製方』)とあるように兄光琳が絵付し,乾山が作陶と画賛をする合作が主体で,この時代の作品が鳴滝乾山と呼ばれる。正徳2(1712)年洛中の二条丁字屋町に移り,窯は共同窯を使い,独自の意匠による食器類を作り出し,乾山焼の名は広く知られるようになった。享保年間(1716~36)のなかごろには江戸へ下向し,輪王寺宮公寛法親王の知遇を得て入谷に住み作陶を行い,この時期の作品は入谷乾山と呼ばれる。元文2(1737)年には下野国(栃木県)佐野に招かれて作陶を行い,この時期の作品は佐野乾山と呼ばれる。関東時代には絵画制作にも力を注ぎ,また,元文2年,江戸で『陶工必用』,佐野で『陶磁製方』というふたつの陶法伝書を著している。<参考文献>小林太市郎『乾山』,五島美術館『乾山の陶芸 図録編』

(伊藤嘉章)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

江戸・東京人物辞典の解説

尾形乾山

1663〜1743(寛文3年〜寛保3年)【陶工】兄・光琳の絵付けした乾山焼で、陶芸に新境地。 陶工。画家。光琳の弟。京都出身。陶芸を野々村仁清に学ぶ。1799年京都・仁和寺近くの鳴滝泉谷に開窯、京都の乾の方角にあたるため、「乾山」を商標とした。兄・光琳の意匠を応用した乾山焼は一世を風靡した。また絵画にすぐれ、『花籠図』などの傑作がある。後に江戸へ移り、文人陶工・絵師として81歳まで江戸に住んだ。乾山は、乾山焼から世人が呼んだ通称。名は、深省。

出典|財団法人まちみらい千代田江戸・東京人物辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おがたけんざん【尾形乾山】

1663‐1743(寛文3‐寛保3)
江戸中期の京焼の陶工,画家。幼名権平,後に深省と改め,諱(いみな)は惟允。習静堂,紫翠,逃禅,乾山,尚古斎,陶隠などと号した。呉服商雁金屋宗謙の三男で,次兄に尾形光琳がいる。若年から学問を好み,光悦の孫空中斎光甫や楽一入に陶法の手ほどきを受け,1689年(元禄2)洛西双ヶ岡に習静堂を建てて隠棲した。近くにあった御室焼の陶工野々村仁清から本格的な陶法を学び,99年仁清の嫡男清右衛門から仁清の陶法伝書を受け,旧二条家山屋敷を拝領して鳴滝泉谷に乾山窯を興して陶工としての生活をはじめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おがたけんざん【尾形乾山】

1663~1743) 江戸中期の陶工。京都の人。光琳の弟。野々村仁清の影響で京都鳴滝に開窯。閑雅な琳派風の絵付けに、ときに詩歌を賛した独自の色絵陶器(乾山風)を作る。晩年江戸に出、一時下野しもつけ国でも作陶。絵にもすぐれ「花籠図」「八ッ橋図」は有名。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

尾形乾山
おがたけんざん

[生]寛文3(1663).京都
[没]寛保3(1743).6.2. 江戸
江戸時代中期の陶工,画家。富裕な呉服商の3男で尾形光琳の弟。通称は権平,のちに深省。号は陶芸では乾山,陶隠,尚古斎,絵画では紫翠,習静堂。若年より和漢の教養を積んで禅を修め,27歳で仁和寺門前の山荘に隠棲。山荘の近くに窯があった野々村仁清に陶法を学び,元禄 12 (1699) 年鳴滝に窯を開き「乾山焼」として知られた。光琳との合作で優品を生んだが,正徳2 (1712) 年に経営難の鳴滝窯を閉じて,京都二条丁字屋町に移り,聖護院門前に窯を築く。以後 20年近く同所で経済的に苦しい製陶生活を続け,享保 16 (31) 年江戸に移住,入谷に窯を設ける。元文2 (37) 年下野国佐野に行き,ここで数百点を製陶,作品は「佐野乾山」と呼称される。翌春江戸に帰り5年後に没した。作品は懐石用の食器を中心に楽焼,陶器,磁器を作り,磁器は京焼の最初である。装飾手法には白絵,染付,鉄絵の併用,鉄絵の絵高麗,色絵,楽焼色絵など各種を使用。特に色絵にすぐれ,その鮮明な色彩は光琳派風の絵付けとともに独自の装飾的効果をあげている。製陶のほか多くのみごとな絵も描き,晩年は特に絵画制作に力を注いだ。またすぐれた書を陶芸品や絵画に書き添え,独自の書風を示す。生涯独身で通した。主要作品は光琳との合作『寿老六角皿』,『色絵槍梅文茶碗』3個,『色絵杉林文皿』『花籠図』『八ツ橋図』『十二ヵ月花鳥歌絵』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

尾形乾山
おがたけんざん
(1663―1743)

江戸中期の陶芸家、画師。京都屈指の呉服商雁金屋(かりがねや)尾形家の三男として生まれる。名は深省。権平、惟允とも称した。尾形光琳(こうりん)は彼の次兄である。富裕な商家に育ちながら2人とも商人にはならず、もっぱら文化的な素養を身につけ、自由な生活を楽しんだ。1689年(元禄2)27歳のとき乾山は洛西(らくせい)双ヶ岡(ならびがおか)に習静堂という一書屋を構えて文人生活に入っている。近くに高名な野々村仁清(ののむらにんせい)が活躍する御室(おむろ)焼があり、この窯に遊ぶうちに陶工になる決意を固め、99年に2代仁清より陶法の秘伝を受け、近くの鳴滝泉谷(なるたきいずみだに)に窯を築いて本格的な製陶生活に入った。この窯が京都の乾(いぬい)の方角にあたるため「乾山」を窯の名につけ、その製品の商標、さらに彼自身も雅号に用いている。乾山は仁清に技術を学びながら、その様式を継承することをせず、兄光琳の創始した琳派(りんぱ)とよばれる復興大和絵(やまとえ)の画風をみごとに意匠化することに成功し、一家をなすことができた。白化粧地に鉄絵や染付を使って表す装飾画風はまことに雅趣に満ち、瀟洒(しょうしゃ)な作風は個性に輝いており、製品には師のかわりに「乾山」と筆で自署するのも画師と同じ芸術家意識を表している。
 1712年(正徳2)に鳴滝から市中の二条丁字尾町に窯を移した時期から、彼の作陶は第2期に入るが、16年(享保1)に絵付に参画した光琳が死亡したころは、陶業は不振をきたしたといえる。しかし彼の遺品をみると、得意とする白化粧地鉄絵、染付のほか、色絵にも新機軸を生み出し、中国、朝鮮、オランダの陶芸を模倣し、京都では初めて磁器を焼出するなど、彼ほど新技術の進取に取り組んだ陶工も少ない。その意欲的な精神は75歳の37年(元文2)に著した『陶工必用』に横溢(おういつ)している。享保(きょうほう)(1716~36)の中ごろに江戸に赴き、晩年はこの地で送り、寛保(かんぽう)3年6月2日、81歳で没したが、晩境にあっては絵画に名作を多く残し、「京兆」「平安城」を冠称して「紫翠(しすい)深省」と自署し、自ら京都文化の保持者であることを誇示した。[矢部良明]
『佐藤雅彦編『日本陶磁全集28 乾山 古清水』(1975・中央公論社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の尾形乾山の言及

【京焼】より

…その典雅で純日本的な意匠と作風の陶胎色絵は,粟田口,御菩薩池(みぞろがいけ),音羽,清水,八坂,清閑寺など東山山麓の諸窯にも影響を及ぼし,後世〈古清水(こきよみず)〉と総称される色絵陶器が量産され,その結果,京焼を色絵陶器とするイメージが形成された。一方,1699年(元禄12)仁清の陶法を伝授され洛西鳴滝の泉山に窯を開いた尾形深省(尾形乾山)は,兄光琳の絵付や意匠になる雅陶を製作し,〈乾山(けんざん)焼〉として広く知られた。初期の京焼は,これら仁清の御室焼や古清水,乾山の雅陶などによって特徴づけられ,瀟洒(しようしや)な造形感覚,典雅な絵付や意匠によって最初の黄金期をむかえた。…

【琳派】より

…生家の雁金屋が呉服商であったため早くから染織意匠に関与したが,蒔絵(まきえ),陶器の絵付にもすぐれた作品を遺した。弟の尾形乾山は,斬新な絵付によって琳派陶器の大成者となったが,晩年江戸へ下ってからは精力的に絵画にも筆をとった。その画風は書と画の融合をめざす情趣的なものであったが,ここに初めて琳派画風が江戸に広まる端緒が開かれた。…

※「尾形乾山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

尾形乾山の関連情報