コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

乾舷 かんげんfreeboard

翻訳|freeboard

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

乾舷
かんげん
freeboard

フリーボード。船の長さの中央ではかった,満載喫水線から上甲板上部までの垂直距離をいう (→喫水線 ) 。船の予備浮力を示すもの。航海の安全上,積荷を制限して船に十分な浮力を確保させるため,1930年ロンドンの国際満載喫水線会議で,乾舷の決定方法が統一され,日本でも,33年の船舶安全法,翌年の施行規則とともに船舶満載喫水線規程が公布された。これらの規則により 150t以上の船舶は外航,内航ともに満載喫水線の標示が義務づけられた。 150t以下 20t以上についても,57年運輸省令で標示が規定された。満載喫水線標示は,それ以上水中に下がらないようにして乾舷を維持させるもので,乾舷標示 (フリーボードマーク) という。乾舷の決定は,船体の形状と強度の面から別個に算定方式が規定され,そのうち最大のものを夏季乾舷とし,これを基準に航行海面と季節による修正を行い,各種乾舷,つまり各種満載喫水線が指定され,それを船体両舷側中央部に標示することになっている。乾舷標示にはS (夏季乾舷) ,W (冬季乾舷) ,WNA (冬季北大西洋乾舷) ,T (熱帯乾舷) ,F (夏季淡水) ,LS (夏季木材乾舷) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

かんげん【乾舷】

船舶の中央部において、水面より最上全通甲板の舷側げんそくまでの高さ。その船の予備浮力の目安となる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

乾舷の関連キーワードひらた船モニター軍艦造船

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android