亀山 甚(読み)カメヤマ ジン

20世紀日本人名事典の解説

亀山 甚
カメヤマ ジン

昭和期の銀行家 常陽銀行初代頭取。



生年
明治18(1885)年6月10日

没年
昭和49(1974)年1月13日

出生地
茨城県

学歴〔年〕
東京商業学校(現・一橋大・夜間部)〔明治38年〕卒

経歴
明治33年高小を卒業、川崎銀行に入り、38年商業卒後足利銀行、川崎貯蓄銀行などの取締役。昭和10年合併で設立された常陽銀行初代頭取となり、戦後の公職追放期間を含め33年まで頭取を務め、同銀を地方銀行のトップクラスに引き上げた。21年から7年間全国地方銀行協会長。また川崎銀行の業務改善、同系列銀行の近代化などに努めた。33年日本火災海上保険社長。著書に「銀行と共に六十年」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android