コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

亀田検校 かめだけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

亀田検校 かめだけんぎょう

?-? 江戸時代中期の平曲家(平家琵琶(びわ)家)。
江戸の豊田検校から前田流平曲をまなび,師の没後,寺尾勾当(こうとう)に師事。明和2年(1765)熊田意一の名で検校となる。のち亀田姓を名のり,天明7年42代江戸惣録勤役,4代江戸宗匠となった。安芸(あき)(広島県)出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

亀田検校の関連キーワード平家琵琶川村良碩びわ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android