コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

豊田検校 とよだけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

豊田検校 とよだけんぎょう

1667/69-1745 江戸時代前期-中期の平曲家(平家琵琶(びわ)家)。
寛文7/9年生まれ。前田九一(きゅういち)の弟子山下検校の門下。3代江戸宗匠となる。元禄(げんろく)9年陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩主津軽信政(のぶまさ)にしたがって弘前におもむき,同地に平曲をつたえた。正徳(しょうとく)元年検校,のち職検校。延享2年10月17日死去。77/79歳。初姓は滝井。名は政一,賀一,雅一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

豊田検校の関連キーワード聖パトリック大聖堂瀬尾昌琢堀越三右衛門クレメンス9世解析学デ・ウィット特権マニュファクチュアドゥブロブニクドライデンスウィフト

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone