コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予定公物 よていこうぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予定公物
よていこうぶつ

将来,特定の公の目的に供用するものと決定された個々の物。公物に準じて取扱われるのが普通である。たとえば,河川法は河川予定地の指定を定め (56条) ,これにより予定公物となった河川予定地の土地で一定の行為を行うには,河川管理者の許可を要するものとしている (57条1項) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android