コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

予定公物 よていこうぶつ

1件 の用語解説(予定公物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

予定公物
よていこうぶつ

将来,特定の公の目的に供用するものと決定された個々の物。公物に準じて取扱われるのが普通である。たとえば,河川法は河川予定地の指定を定め (56条) ,これにより予定公物となった河川予定地の土地で一定の行為を行うには,河川管理者の許可を要するものとしている (57条1項) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

予定公物の関連キーワード解毒剤公用徴収多目的ダム専売引当特定資産遊休農地マスフラグメントグラフィー通貨先物(Financial Futures)特定遊休農地特定目的基金