コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事後立法 じごりっぽう

百科事典マイペディアの解説

事後立法【じごりっぽう】

実行のとき適法であった行為に対し,後になってそれを処罰する法律を制定すること。事後立法の禁止(刑罰の不遡及(ふそきゅう)ともいう)は罪刑法定主義の内容をなす。日本国憲法第39条はこの原則を明記している。
→関連項目不遡及の原則

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

事後立法の関連キーワード国際軍事裁判

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android