コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事後立法 じごりっぽう

百科事典マイペディアの解説

事後立法【じごりっぽう】

実行のとき適法であった行為に対し,後になってそれを処罰する法律を制定すること。事後立法の禁止(刑罰の不遡及(ふそきゅう)ともいう)は罪刑法定主義の内容をなす。日本国憲法第39条はこの原則を明記している。
→関連項目不遡及の原則

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

事後立法の関連キーワード国際軍事裁判

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android