コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

事後立法 じごりっぽう

1件 の用語解説(事後立法の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

事後立法【じごりっぽう】

実行のとき適法であった行為に対し,後になってそれを処罰する法律を制定すること。事後立法の禁止(刑罰の不遡及(ふそきゅう)ともいう)は罪刑法定主義の内容をなす。日本国憲法第39条はこの原則を明記している。
→関連項目不遡及の原則

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

事後立法の関連キーワード過怠不法行為悔いる行為税抗日事後承諾為になる適法性違法行為事後法

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone