コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二丁投げ にちょうなげ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二丁投げ
にちょうなげ

相撲の決まり手の一つ。四つ身になって,自分の左 (右) が,相手の左 (右) 膝の外側から,つまり相手の両足を刈る感じで投げ倒す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

にちょう‐なげ〔ニチヤウ‐〕【二丁投げ】

相撲の決まりの手の一。自分の足を、相手の反対側の足の外側のひざのあたりに掛けて、払うようにして投げる二丁掛け

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にちょうなげ【二丁投げ】

〔「二丁」は二本の足の意〕
相撲の決まり手の一。自分の足を相手の外側のひざに掛け、相手の二本の足を払うように投げる技。二丁掛け。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二丁投げの関連キーワード決り手相撲

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android