コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二上達也 ふたかみ たつや

美術人名辞典の解説

二上達也

将棋棋士。昭和7年(1932)北海道生。渡辺東一に入門、昇級を重ね九段に昇る。大山康晴への挑戦を繰り返し棋聖を獲得。将棋大賞最優秀棋士賞授賞。日本将棋連盟会長。著書に『詰将棋魔法陣』等。東京住。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

二上達也 ふたかみ-たつや

1932- 昭和後期-平成時代の将棋棋士。
昭和7年1月2日生まれ。昭和25年渡辺東一に入門し,同年4段。37年度王将戦で大山康晴名人から王将位をうばい,41年第8期棋聖戦でも大山をくだす(棋聖通算4期)。48年9段。A級通算28年,連続24年は新記録。平成2年引退。元年より日本将棋連盟会長。弟子に羽生善治(はぶ-よしはる)。北海道出身。函館中部高卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

二上達也の関連キーワード清水宏斎藤寅次郎成瀬巳喜男山中貞雄五所平之助マキノ雅広稲垣浩小津安二郎キューカー満州国

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二上達也の関連情報