コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二倍体 ニバイタイ

デジタル大辞泉の解説

にばい‐たい【二倍体】

染色体が対になっていて、基数の2倍の染色体数をもつ細胞または個体。動物の配偶子以外と、植物の胞子体にみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にばいたい【二倍体】

配偶子の染色体数が基本数の二倍である細胞、または個体。一般の高等動植物がこれにあたる。 → ゲノム

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二倍体の言及

【倍数性】より

…コムギとその近縁種属ではx=7であり,3系のコムギの染色体数はそれぞれ2x,4x,6xで示される。 体細胞の染色体数が1x,2x,3x,……の生物は一倍体,二倍体,三倍体,……とよばれる。二倍体と四倍体の雑種は三倍体に,四倍体と六倍体の雑種は五倍体になる。…

※「二倍体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二倍体の関連キーワードシストランス位置効果ヒガンバナ(彼岸花)クロユリ(黒百合)ハクラン(白藍)斑入り位置効果スイカ(西瓜)ハクモウイノデ多様位置効果チャセンシダヘテロ接合体ラセイタソウヘビイチゴカヤモノリシモクレン種なし果実ヒガンバナ異核接合体ライコムギ種無し西瓜遺伝子型

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android