コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二十二世 金春惣右衛門 にじゅうにせい こんぱるそうえもん

知恵蔵miniの解説

二十二世 金春惣右衛門

能囃子方太鼓 金春流宗家。本名・金春惣一。能の太鼓方の名手として昭和から平成と第一線で活躍した。1924年、東京都生まれ。父である二十一世金春惣右衛門に師事し、36年「初雪」で初舞台を踏む。父の死を受け、42年、18歳で宗家を継いだ。53年『金春流太鼓全書』(能楽書林)を刊行。54年、二十二世惣右衛門を襲名した。92年、重要無形文化財保持者(人間国宝)となる。96年、日本芸術院賞を受賞。2005年、芸術院会員となる。14年3月11日、心不全で死去。享年89。

(2014-3-13)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android