二厘五毛(読み)にりんごもう

精選版 日本国語大辞典の解説

にりん‐ごもう【二厘五毛】

〘名〙
五厘の半分。わずかな金のたとえ。
雑俳・川柳評万句合‐安永八(1779)礼九「小間ものや二リン五毛もまけぬなり」
② 五輪五体(人間)の半分、つまり精液。「父一点の精二厘五毛、母一滴の血二厘五毛、合して体を為す云々」と「淫事養生戒」にあることによる。
※雑俳・川柳評万句合‐明和四(1767)桜五「土手のかご弐厘五毛もかるいはづ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android