五輪五体(読み)ごりんごたい

精選版 日本国語大辞典「五輪五体」の解説

ごりん‐ごたい【五輪五体】

〘名〙 地・水・火・風・空の五輪によって構成せられている肉体。からだ。五厘
※説経節・をくり(御物絵巻)(17C中)八「したひにとくか、みにしめは、こりんこたいか、はなれはて、さてこんしゃうへとゆくいきは、やむねをつたふささくもの、いとひきすつるかことくなり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android