五厘(読み)ごりん

精選版 日本国語大辞典「五厘」の解説

ご‐りん【五厘】

〘名〙
① 江戸時代、一個の価が五厘の小さな饅頭(まんじゅう)
※雑俳・柳多留‐七七(1823)「三回忌膳に五厘を七つ引」
② (客一人につき五厘ずつの手数料を取ったところから) 東京で、寄席(よせ)と出演芸人との間に立って出演者の割り振りをする者。
※都新聞‐明治二七年(1894)五月一〇日「女義太夫の五厘は、先頃まで重兵衛といふ七十余の老人なりしが」
③ (「五厘」と「五輪」の音が同じところから) =ごりんごたい(五輪五体)
※淫事戒(1815)「父一点の精二厘五毛、母一滴の血二厘五毛、合してを為すと云ふことは五厘を分ちたる数にて、五厘は即ち五輪五体なり」
⑤ ほんの少し。わずか。下に否定の表現を伴って用いられる。
人情本・清談若緑(19C中)四「仮令手を下して殺さずとも、その分解(いひわけ)は五厘(リン)もない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android