二所権現(読み)にしょごんげん

事典・日本の観光資源の解説

二所権現

両所権現とも称される。鎌倉期に将軍家の信仰があつく、正月に両社に参詣する二所詣は恒例行事として行われた。
[観光資源] 伊豆山権現 | 箱根権現

出典 日外アソシエーツ「事典・日本の観光資源」事典・日本の観光資源について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

にしょ‐ごんげん【二所権現】

伊豆権現と箱根権現。鎌倉時代には将軍家の尊崇があつかった。二所大権現。二所大明神。二所。
曾我物語(南北朝頃)九「『南無二しょごんげん、たすけ給へ』と祈念して、しらぬ様にてとほりける」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の二所権現の言及

【伊豆山神社】より

…中世以降は,伊豆山権現とも走湯山(そうとうさん)権現とも呼ばれた。また箱根神社とともに二所権現と称され,源頼朝の篤い崇敬が寄せられた。以後鎌倉時代を通じ歴代将軍の二所詣が行われた。…

【箱根[町]】より

… 箱根道を通る旅人は,箱根権現(箱根神社)への参拝を欠かさなかったという。箱根権現は,万巻(まんがん)上人によって奈良時代末から平安初期(《箱根山縁起》によれば757年)にかけて開かれたといい,石橋山敗戦の折に別当行実(ぎようじつ)が援助して以来,源頼朝の尊崇はあつく,当社に特別の保護を加えて,伊豆山権現(伊豆山神社)とともに〈二所権現〉と称し,鎌倉時代を通じて幕府は二所詣・二所奉幣を行った。この参詣に際してとられた道筋,すなわち箱根権現から芦川宿を経て鞍掛(くらかけ)山に登り,十国峠,岩戸山の尾根道を通り,伊豆山に至る道筋を二所参詣道と呼んでいる。…

※「二所権現」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android