コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二手先 フタテサキ

デジタル大辞泉の解説

ふた‐てさき【二手先】

斗栱(ときょう)の形式の一。柱から外方に出た二つ目(ます)で丸桁(がぎょう)などを支えるもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ふたてさき【二手先】

斗栱ときようで、柱あるいは壁面から繰り出す肘木と斗ますの二つ目の斗で軒桁や丸桁がぎようを受け支えるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二手先の言及

【建築組物】より

…壁から直角に前方へ出たものを手先(てさき)の組物といい,三斗組で前方に肘木を出し,先に斗をのせたものを出三斗(でみつど),その先の斗の上に1組の斗と肘木をのせたものを出組(でぐみ)という。出組よりもう1手出れば二手先(ふたてさき),以下,三手先,四手先となる(図3)。三手先までが普通で,四手先は多宝塔上層にもちいられるだけであり,天竺様(てんじくよう)では六手先まである。…

※「二手先」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

二手先の関連キーワード大法寺慈眼院手先組物肘木壁面軒桁

二手先の関連情報