外方(読み)ガイホウ

デジタル大辞泉の解説

がい‐ほう〔グワイハウ〕【外方】

ある範囲のそと。そとがわ。外部。⇔内方

そっ‐ぽ【方】

《「そっぽう」の音変化》よその方向。別の方。

そっ‐ぽう〔‐パウ〕【外方】

《「そはう(其方)」の音変化か》「そっぽ」に同じ。
「厭(いや)な顔をして―を向いて了(しま)う」〈風葉・下士官〉
《「そっ頰(ぽほ)」からともいう》頰(ほお)を乱暴にいう語。横っつら。
「―を打(はり)曲げるが主義で」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいほう【外方】

外側の方。外部。 ⇔ 内方

そっぽ【外方】

〔「そっぽう」の転〕
横の方。よその方。ほかの方。
[句項目] 外方を向く

そっぽう【外方】

顔・頰ほおを卑しめていう語。横っつら。 「 -はりまげて、がんといふめにあはせてくれらあ/滑稽本・浮世風呂 4
そっぽ」に同じ。 「姫松は小気味を悪がつて、-を向いて/多情多恨 紅葉

そとべ【外方】

外の方。外側。 「只在とある人家の-に/こがね丸 小波

とざま【外方】

よその方。そっぽ。 「少し、-に向きて、見給へば/源氏 夢浮橋
表だった所。公儀。 「お前を-へつくばはせて此の伝三が立ちませぬ/浄瑠璃・反魂香」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外方の関連情報