コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

外方 ガイホウ

デジタル大辞泉の解説

がい‐ほう〔グワイハウ〕【外方】

ある範囲のそと。そとがわ。外部。⇔内方

そっ‐ぽ【方】

《「そっぽう」の音変化》よその方向。別の方。

そっ‐ぽう〔‐パウ〕【外方】

《「そはう(其方)」の音変化か》「そっぽ」に同じ。
「厭(いや)な顔をして―を向いて了(しま)う」〈風葉・下士官〉
《「そっ頰(ぽほ)」からともいう》頰(ほお)を乱暴にいう語。横っつら。
「―を打(はり)曲げるが主義で」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

がいほう【外方】

外側の方。外部。 ⇔ 内方

そっぽ【外方】

〔「そっぽう」の転〕
横の方。よその方。ほかの方。
[句項目] 外方を向く

そっぽう【外方】

顔・頰ほおを卑しめていう語。横っつら。 「 -はりまげて、がんといふめにあはせてくれらあ/滑稽本・浮世風呂 4
そっぽ」に同じ。 「姫松は小気味を悪がつて、-を向いて/多情多恨 紅葉

そとべ【外方】

外の方。外側。 「只在とある人家の-に/こがね丸 小波

とざま【外方】

よその方。そっぽ。 「少し、-に向きて、見給へば/源氏 夢浮橋
表だった所。公儀。 「お前を-へつくばはせて此の伝三が立ちませぬ/浄瑠璃・反魂香」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

外方の関連キーワードパイシャー(白沙)ダム三升屋助十郎(初代)ルーシャン(魯山)県靭皮繊維・靱皮繊維キューバソレノドンゴムフォテリウムシロバナタンポポアサヒヒョウモンドリオピテクス型ヨークシャー種ミジンマイマイ卵巣動脈・静脈コルク形成層出組み・出組腹壁ヘルニアゲムズボックシロカジキ内方・内宝孫庇・孫廂マツカレハ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

外方の関連情報