二折(読み)ふたつおり

精選版 日本国語大辞典の解説

ふたつ‐おり ‥をり【二折】

〘名〙
① 二つにること。また、そのもの。
※評判記・色道大鏡(1678)九「杉原にても、半紙にても、はじめより二つ折(オリ)にして書べし」
② 二つに分けること。また、そのもの。半分。
※浄瑠璃・猫魔達(1697頃)道行「我年の二つ折にもたらぬ人」
③ 髪を二つに折った形に結った髷。
浮世草子・好色二代男(1684)三「おくれなしの二つ折(ヲリ)に、髪先長く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二折の関連情報