コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杉原 スイバラ

8件 の用語解説(杉原の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

すい‐ばら【杉原】

《「すぎはら」の音変化》杉原紙(すぎはらがみ)のこと。

すぎ‐はら【杉原】

杉の生えている原。
杉原紙」の略。

すぎ‐わら〔‐はら〕【杉原】

すぎはら

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

すいばら【杉原】

〔「すぎはら」の転〕

すぎはら【杉原】

杉の木の生えている野原。

すぎはら【杉原】

「杉原紙」の略。すぎわら。

すぎわら【杉原】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉原
すぎはら

播磨(はりま)国の杉原谷(兵庫県多可(たか)郡多可町)原産の和紙。椙原とも書き、また「すいはら」ともよばれた。原料はコウゾ(楮)である。同地は平安時代に近衛(このえ)家の荘園(しょうえん)であったことから、古代の播磨経紙の伝統を踏まえて漉(す)かれた紙は檀紙(だんし)の代用品として、京都の上流社会でもてはやされた。中世以後は武家社会にも広く使用されるようになり、同じような杉原紙が全国各地で産出された。原産地でも、大広(おおひろ)、大物(おおもの)、大中(おおなか)、漉き込み(鬼杉原)、大谷(本谷)、中谷(小谷)、荒谷(あらたに)、八分(はちぶ)、久瀬(くせ)、思草(しそう)などの種類があったが、さらに江戸時代には土佐(高知県)や備中(びっちゅう)(岡山県)の大杉、中杉、吉野(奈良県)の小広などの品種もあった。中世から近世にかけては重要な贈答品で、一般には奉書(ほうしょ)と同様、慶弔、目録、版画、あるいは神官や僧の祈祷(きとう)用などに利用され、奉書のように米糊(こめのり)を入れて漉くようにさえなった。標準寸法は縦32センチメートル、横44センチメートルである。原産地での生産が一時とだえたこともあったが、最近また有志によって復活された。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

杉原の関連キーワード小杉原杉原雲杉原荒太杉原家次杉原栄三郎杉原重長杉原高嶺杉原親憲杉原長氏杉原礼斎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

杉原の関連情報