杉原(読み)すぎはら

日本大百科全書(ニッポニカ)「杉原」の解説

杉原
すぎはら

播磨(はりま)国の谷(兵庫県多可(たか)郡多可町)原産の和紙。椙原とも書き、また「すいはら」ともよばれた。原料はコウゾ(楮)である。同地は平安時代に近衛(このえ)家の荘園(しょうえん)であったことから、古代の播磨経紙の伝統を踏まえて漉(す)かれた紙は檀紙(だんし)の代用品として、京都の上流社会でもてはやされた。中世以後は武家社会にも広く使用されるようになり、同じような杉原紙が全国各地で産出された。原産地でも、大広(おおひろ)、大物(おおもの)、大中(おおなか)、漉き込み(鬼杉原)、大谷(本谷)、中谷(小谷)、荒谷(あらたに)、八分(はちぶ)、久瀬(くせ)、思草(しそう)などの種類があったが、さらに江戸時代には土佐(高知県)や備中(びっちゅう)(岡山県)の大杉、中杉、吉野(奈良県)の小広などの品種もあった。中世から近世にかけては重要な贈答品で、一般には奉書(ほうしょ)と同様、慶弔、目録、版画、あるいは神官や僧の祈祷(きとう)用などに利用され、奉書のように米糊(こめのり)を入れて漉くようにさえなった。標準寸法は縦32センチメートル、横44センチメートルである。原産地での生産が一時とだえたこともあったが、最近また有志によって復活された。

[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「杉原」の解説

すぎ‐はら【杉原】

[1] 〘名〙
① 杉の生えている野原
万葉(8C後)七・一四〇三「みぬさ取り神(みわ)のはふりが(いは)ふ杉原(すぎはら) たきぎ伐(こ)りほとほとしくに手斧取らえぬ」
※師守記‐貞和五年(1349)正月一三日「杉原十帖」
[2]
[一] (漉原(すきはら)転化) 岐阜県揖斐川(いびがわ)町の旧地名。現在は同町鶴見の一部。揖斐川の上流域にあり、美濃紙を産出した。
[二] 兵庫県中央部を南流する加古川支流の杉原川のこと。加美町を貫流し、流域一帯で上質の紙を産出した。

すい‐ばら【杉原】

〘名〙 (「すぎはら」の変化した語) =すぎはらがみ(杉原紙)
太平記(14C後)一六「杉原(スイハラ)を三帖短冊の広さに切らせて、自ら観世音菩薩を書かせひて、の帆柱毎にぞ推させられける」

すぎ‐わら ‥はら【杉原】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「杉原」の解説

すい‐ばら【杉原】

《「すぎはら」の音変化》杉原紙すぎはらがみのこと。

すぎ‐はら【杉原】

杉の生えている原。
杉原紙」の略。

すぎ‐わら〔‐はら〕【杉原】

すぎはら

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android