杉原(読み)スイバラ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

杉原
すぎはら

播磨(はりま)国の杉原谷(兵庫県多可(たか)郡多可町)原産の和紙。椙原とも書き、また「すいはら」ともよばれた。原料はコウゾ(楮)である。同地は平安時代に近衛(このえ)家の荘園(しょうえん)であったことから、古代の播磨経紙の伝統を踏まえて漉(す)かれた紙は檀紙(だんし)の代用品として、京都の上流社会でもてはやされた。中世以後は武家社会にも広く使用されるようになり、同じような杉原紙が全国各地で産出された。原産地でも、大広(おおひろ)、大物(おおもの)、大中(おおなか)、漉き込み(鬼杉原)、大谷(本谷)、中谷(小谷)、荒谷(あらたに)、八分(はちぶ)、久瀬(くせ)、思草(しそう)などの種類があったが、さらに江戸時代には土佐(高知県)や備中(びっちゅう)(岡山県)の大杉、中杉、吉野(奈良県)の小広などの品種もあった。中世から近世にかけては重要な贈答品で、一般には奉書(ほうしょ)と同様、慶弔、目録、版画、あるいは神官や僧の祈祷(きとう)用などに利用され、奉書のように米糊(こめのり)を入れて漉くようにさえなった。標準寸法は縦32センチメートル、横44センチメートルである。原産地での生産が一時とだえたこともあったが、最近また有志によって復活された。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

杉原の関連情報