二本松伝統家具(読み)にほんまつでんとうかぐ

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

二本松伝統家具[木工]
にほんまつでんとうかぐ

東北地方、福島県の地域ブランド。
二本松市で製作されている。江戸時代初期、初代二本松藩主・丹羽光重が城の改築の際、建具や調度品をつくらせたことに始まるという。表面は欅、引き出し内部と側板には桐を使用。塗りは、漆の木地呂塗仕上げが多い。福島県伝統的工芸品。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android