コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

側板 そくばんlateral plate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

側板
そくばん
lateral plate

脊椎動物および原索動物ナメクジウオ類における発生学上の用語。これらの動物の発生の初期に,中胚葉神経管脊索などから腹のほうに向って伸びてきて,それが分節を起すが,腹のほうに分節の起らない部分ができる。これを側という。側板は薄く,2層に分れ,その間に内臓腔という体腔を生じる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

がわいた【側板】

側面にとりつける板。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

側板
そくばん

原索動物および脊椎(せきつい)動物の神経胚(はい)期以後のある時期に、原腸管を左右から包む中胚葉の細胞集団をいう。原体節の下分節にあたる。側板は内外二層に分かれ、内側は内臓板(内臓中胚葉)、外側は体壁板(体壁中胚葉)になる。また内臓板と腸管内胚葉をあわせて内臓葉、体壁板と外胚葉をあわせて体壁葉とよぶことがある。やがて、内臓板は消化管を取り囲む腸間膜などに、体壁板は筋肉、真皮などに分化し、内臓板と体壁板の間隙(かんげき)が腹部体腔(たいこう)となる。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の側板の言及

【体節】より

…そしてさらにその一部,房の外側の壁が間葉化して細胞に分散してしまうと,残った部分は骨格筋のもとである筋節となる。それに対して下房の壁は終始一貫無節のままにとどまり,この部分を側板といい,主として体腔の形成にあずかる。体腔【岡田 要】【田隅 本生】。…

※「側板」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

側板の関連キーワード昆虫/主要用語解説三方(膳の一種)スラットコンベヤ二本松伝統家具クビナガキバチシステム家具プリント合板アカウミガメベッコウバチケモノジラミダンプカーアオヒトデフサヤスデトビコバチコブヒトデフジツボ類七夕池古墳スツールタイマイトンボ類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

側板の関連情報