コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二聖 にせい

大辞林 第三版の解説

にせい【二聖】

二人の聖人。
文王と武王。
周公と孔子。
大禹たいうと孔子。
二人の歌聖。柿本人麻呂と山部赤人。
二人の書聖。嵯峨天皇と空海。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の二聖の言及

【空海】より

…宗教家としてのほかに文学,芸術,学問,社会事業など多方面に活躍し,文化史上の功績は大きく,それに比例して伝説も多い。金剛峯寺【和多 秀乗】
[空海の書]
 空海は日本書道界の祖として重視され,嵯峨天皇とともに二聖と呼ばれ,また橘逸勢を加えて三筆とも呼ばれる。世に空海筆と称されるものは数多いが,確実に彼の筆と認められるのは《風信帖》《灌頂歴名》《真言七祖像賛》《聾瞽指帰(ろうこしいき)》《金剛般若経開題》《大日経開題》《三十帖冊子》などである。…

※「二聖」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

二聖の関連キーワードイマーム・アルハラマイン二・児・尼・弐・貳ロレンツェッティジョルジョーネトレント公会議サウジアラビアバルトロメオジュワイニークレーディバッサーノ名数小辞典西アジア史天台山脈ダッディメディナ和合神安禄山メッカ聖人二人

二聖の関連情報