二舞を踏む(読み)にのまいをふむ

精選版 日本国語大辞典「二舞を踏む」の解説

にのまい【二舞】 を=踏(ふ)む[=演(えん)じる]

人のまねをする。特に、前の人の失敗を繰り返す。
※真田幸村(1911)〈加藤玉秀〉天下分目関ヶ原の合戦「秀頼公はまだ御幼少に渡らせられ、ここに戦ひを交へるときは石田三成が二の舞(マイ)を演(エン)ずるばかり」
※寄席風俗‐はなしか論語(1943)〈正岡容〉三「こちたき軍談に愚かな修羅を燃やしてゐる神田伯龍の二の舞を踏む勿れ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android