二の舞(読み)ニノマイ

デジタル大辞泉 「二の舞」の意味・読み・例文・類語

に‐の‐まい〔‐まひ〕【二の舞】

雅楽唐楽壱越いちこつ調古楽中曲。舞は二人。「安摩あま」に引き続いて、それを見ていた咲面えみめん老爺腫面はれめん老婆が、安摩の舞をまねてこっけいに舞う。「安摩」の答舞
人のあとに出てそのまねをすること。特に、人のした失敗を繰り返すこと。「前任者二の舞を演ずる」「二の舞を踏む」
[類語]懲りずまにまたぞろ性懲しょうこりもないてつを踏む前車のてつを踏むてつを踏む改めてまたしてもまたまたたびたび何度よくしばしばちょくちょく往往ちょいちょいしきりしょっちゅう幾度頻繁頻頻しげしげ足繁くあまたたび再びまた重ねて再度再三再三再四再再又もまたもやくれぐれくれぐれも返す返すよくよくとくととっくり重重重ね重ね幾重にも念入り二度と二度と再びくどくどうだうだぐだぐだくだくだたらたらああだこうだ四の五の四の五の言う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

不信任決議

議院内閣制のもとで,議会が内閣を信任しない意思表示を決議によって積極的に表明すること。一般的には下院固有の権限であり,不信任決議案が可決成立した場合には内閣は総辞職するか下院を解散しなければならない。...

不信任決議の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android