二の舞(読み)ニノマイ

デジタル大辞泉「二の舞」の解説

に‐の‐まい〔‐まひ〕【二の舞】

雅楽唐楽壱越いちこつ調古楽の中曲。は二人。「安摩あま」に引き続いて、それを見ていた咲面えみめん老爺腫面はれめん老婆が、安摩の舞をまねてこっけいに舞う。「安摩」の答舞
人のあとに出てそのまねをすること。特に、人のした失敗を繰り返すこと。「前任者二の舞を演ずる」「二の舞を踏む」
[類語]懲りずまにまたぞろ性懲しょうこりもないてつを踏む前車のてつを踏むてつを踏む改めてまたしてもまたまたたびたび何度よくしばしばちょくちょく往往ちょいちょいしきりしょっちゅう幾度頻繁頻頻しげしげ足繁くあまたたび再びまた重ねて再度再三再三再四再再又もまたもやくれぐれくれぐれも返す返すよくよくとくととっくり重重重ね重ね幾重にも念入り二度と二度と再びくどくどうだうだぐだぐだくだくだたらたらああだこうだ四の五の四の五の言う

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android