二の舞(読み)ニノマイ

デジタル大辞泉の解説

に‐の‐まい〔‐まひ〕【二の舞】

雅楽。唐楽。壱越(いちこつ)調で古楽の中曲。舞は二人。「安摩(あま)」に引き続いて、それを見ていた咲面(えみめん)の老爺と腫面(はれめん)の老婆が、安摩の舞をまねてこっけいに舞う。「安摩」の答舞。
人のあとに出てそのまねをすること。特に、人のした失敗を繰り返すこと。「前任者の二の舞を演ずる」「二の舞を踏む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にのまい【二の舞】

舞楽の一。右方の壱越いちこつ調の中曲。「安摩あま」の答舞で、咲面えみめんをつけた老爺と腫面はれめんをつけた老婆が安摩の舞を滑稽にまねる。
[0] 人のまねをすること。特に、前の人と同じ失敗をすること。 「 -を演ずる」 「色こそ見えねといふ歌の-のをこがましきに/義忠家歌合」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二の舞の関連情報