二の舞(読み)ニノマイ

  • にのまい〔まひ〕

デジタル大辞泉の解説

雅楽。唐楽。壱越(いちこつ)調古楽の中曲。舞は二人。「安摩(あま)」に引き続いて、それを見ていた咲面(えみめん)の老爺と腫面(はれめん)の老婆が、安摩の舞をまねてこっけいに舞う。「安摩」の答舞。
人のあとに出てそのまねをすること。特に、人のした失敗を繰り返すこと。「前任者の二の舞を演ずる」「二の舞を踏む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

舞楽の一。右方の壱越いちこつ調の中曲。「安摩あま」の答舞で、咲面えみめんをつけた老爺と腫面はれめんをつけた老婆が安摩の舞を滑稽にまねる。
[0] 人のまねをすること。特に、前の人と同じ失敗をすること。 -を演ずる 色こそ見えねといふ歌の-のをこがましきに/義忠家歌合

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ブルーインパルス

航空自衛隊に所属し華麗なアクロバット飛行(展示飛行)を披露する専門チーム。現在のチームは3代目となり、正式名称は宮城県松島基地の第4航空団に所属する「第11飛行隊」。チーム名の「青い衝撃」の意にちなん...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二の舞の関連情報