コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二の舞 ニノマイ

デジタル大辞泉の解説

に‐の‐まい〔‐まひ〕【二の舞】

雅楽。唐楽。壱越(いちこつ)調で古楽の中曲。舞は二人。「安摩(あま)」に引き続いて、それを見ていた咲面(えみめん)の老爺と腫面(はれめん)の老婆が、安摩の舞をまねてこっけいに舞う。「安摩」の答舞。
人のあとに出てそのまねをすること。特に、人のした失敗を繰り返すこと。「前任者の二の舞を演ずる」「二の舞を踏む」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にのまい【二の舞】

舞楽の一。右方の壱越いちこつ調の中曲。「安摩あま」の答舞で、咲面えみめんをつけた老爺と腫面はれめんをつけた老婆が安摩の舞を滑稽にまねる。
[0] 人のまねをすること。特に、前の人と同じ失敗をすること。 「 -を演ずる」 「色こそ見えねといふ歌の-のをこがましきに/義忠家歌合」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

二の舞の関連キーワードボルト(Robert Oxton Bolt)ニクソン・ドクトリン財政法と均衡財政安摩・二の舞原子爆弾投下イエメン情勢アラバール案摩・安摩関東御分国8K放送ようなりヤシ条約安摩面案摩面乱序乱声

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

二の舞の関連情報