コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二重山稜 にじゅうさんりょう

百科事典マイペディアの解説

二重山稜【にじゅうさんりょう】

高山の稜線部において,稜線が二重に並走し,中間に凹地を発達させ,時に沼沢地をもつ地形。さまざまの成因が考えられている。たとえば山稜に並走する断層破砕帯,節理などが雪によって浸食されて形成されるなど。
→関連項目周氷河地形

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

二重山稜の関連キーワード日本アルプス羅臼岳間ノ岳農鳥岳白根山光岳

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android