コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

二面角 にめんかくdihedral angle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

二面角
にめんかく
dihedral angle

2つの平面が交わっているとき,その交線 l を境にした2つの半平面π,π' によってつくられる図形を二面角という。二面角の大きさは,l 上の1点P からπ,π' 上に引いた垂線のなす角 ∠APB のことである。この二面角の大きさを,単に二面角ということもある。 l を二面角の辺,π,π' を二面角の面という。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

二面角
にめんかく

平面をその上の直線で二分してできる各部分を半平面という。この場合、初めの直線はそれぞれに含める。一直線lを端とする二つの半平面α、βのつくる図形を二面角という。l上の点からα、βのそれぞれの上でlに垂直な半直線を引くとき、そのつくる角の大きさを二面角の大きさという。二面角はまた、次のように考えることもできる。空間は一つの平面によって二つの部分に分かれるが、その各部分を半空間という。この場合、境の平面はそれぞれに含める。二面角は、交わる二平面を境とする二つの半空間の共通部分として定義される場合もある。[栗田 稔]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone