コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十嵐浚明 いがらし しゅんめい

美術人名辞典の解説

五十嵐浚明

江戸後期の儒者・画家。越後生。字は方徳、号は孤峰・穆翁。山崎闇斎の門に学び、画は狩野良信門下。のち梁楷・張平山を慕い、南北二宗の外に一派を開く。旁ら書法にも通じた。天明元年(1781)歿、82才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五十嵐浚明 いがらし-しゅんめい

1700-1781 江戸時代中期の画家。
元禄(げんろく)13年生まれ。京都で竹内式部闇斎(あんさい)派の儒学を,江戸で狩野(かのう)良信に画をまなぶ。京都で諸派の画を研究,一時,呉(ご)浚明と名のる。法眼となって郷里越後(えちご)(新潟県)にもどった。天明元年8月10日死去。82歳。本姓は佐野。名は安信。字(あざな)は方篤(徳)。別号に孤峯,穆翁(ぼくおう)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

五十嵐浚明の関連キーワード五十嵐子謹加賀千代尼五十嵐元誠五十嵐元敬五十嵐竹沙谷等閑斎高田敬輔巌田洲尾広島維明呉榕堂呉浚明呉北汀

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android