コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五十韻 ゴジュウイン

デジタル大辞泉の解説

ごじゅう‐いん〔ゴジフヰン〕【五十韻】

連歌・連句形式の一。一巻(ひとまき)が50句からなるもの。懐紙1枚目のに8句、に14句、2枚目の表・裏に各14句を記す。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごじゅういん【五十韻】

五〇句から成る連歌・俳諧。初折しよおりの表八句・裏一四句、名残の表一四句・裏一四句から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五十韻の関連キーワード伊藤信徳青木春澄下郷伝芳小西来山守武千句名残の折長連歌久居藩表八句来山信徳連歌初折俳諧次韻名残

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android