五十韻(読み)ゴジュウイン

大辞林 第三版の解説

ごじゅういん【五十韻】

五〇句から成る連歌・俳諧。初折しよおりの表八句・裏一四句、名残の表一四句・裏一四句から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごじゅう‐いん ゴジフヰン【五十韻】

〘名〙 連歌俳諧で五〇句を区切りとすること。また一巻が五〇句で成り立っているもの。正式の百韻連歌に対して略式のもの。
※連理秘抄(1349)「興尽きぬれば五十韻一折にてやがて止むる事、返々無念第一也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android