五大院宗繁(読み)ごだいいん むねしげ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

五大院宗繁 ごだいいん-むねしげ

?-? 鎌倉時代の武士。
北条高時の家臣。正慶(しょうきょう)2=元弘(げんこう)3年(1333)北条氏滅亡の際,自分の妹と高時の間に生まれた子邦時を高時から託される。褒賞目当てに邦時を新田義貞にさしだし,その不忠をにくまれて逃亡。ついに餓死したという。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android