コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

高時 タカトキ

大辞林 第三版の解説

たかとき【高時】

新歌舞伎十八番の一。「北条九代名家功ほうじようくだいめいかのいさおし」の上の巻の通称。活歴物。河竹黙阿弥作。1884年(明治17)東京猿若座初演。傲慢な北条高時を田楽法師に化けた烏天狗からすてんぐがさんざんになぶる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

高時
たかとき

歌舞伎(かぶき)劇。時代物。1幕。河竹黙阿弥(もくあみ)作。「新歌舞伎十八番」の一つ。1884年(明治17)11月、東京・猿若座で9世市川団十郎が初演。原名題(なだい)を『北条九代名家功(ほうじょうくだいめいかのいさおし)』といい、『太平記』に取材して、本間山城守(やましろのかみ)の大館(おおだて)次郎討伐(中の巻)、新田義貞(にったよしさだ)の話(下の巻)を含めた3巻の活歴(かつれき)物だったが、上の巻の「高時天狗(てんぐ)舞」だけが後世に残り、「高時」の名題で上演される。暴威を振るう執権北条高時が、田楽(でんがく)法師の姿で現れた大ぜいの天狗(てんぐ)に翻弄(ほんろう)される話。人界最高の権力者が魔界の力に屈伏するという作意や、高時が幕開きに横向きに座っていたり、幕切れに天をにらむ演出が斬新(ざんしん)であった。[松井俊諭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

高時の関連キーワード北条九代名家功新歌舞伎十八番工藤新左衛門二階堂貞藤高月[町]余呉〈町〉大井田経隆中先代の乱五大院宗繁小手指ヶ原歌舞伎狂言正中の変霊山道隠北条泰家北条時顕金沢貞顕足助重信安達高景太田守延摂津親鑒

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

高時の関連情報