コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五日の節会 イツカノセチエ

デジタル大辞泉の解説

いつか‐の‐せちえ〔‐セチヱ〕【五日の節会】

奈良時代以後、朝廷年中行事の一。毎年5月5日に天皇武徳殿に出て、群臣に宴を賜り、あとに騎射が催される。参列する人々は菖蒲(あやめ)鬘(かずら)につけた。平安時代後期には衰えた。端午節会。いつかのせち。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いつかのせちえ【五日の節会】

奈良時代以後、宮中で五月五日に行われた節会。菖蒲あやめを鬘かずらに挿した臣下が、武徳殿に出御した天皇に菖蒲を献上し、天皇からは薬玉くすだまが下賜される。そののち騎射の御覧があり、宴を行う。平安後期には衰えた。いつかのせち。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

五日の節会の関連キーワードあやめ菖蒲臣下宮中

今日のキーワード

ラニーニャ現象

《La Niña events》赤道付近のペルー沖から中部太平洋にかけて、数年に1度、海水温が平年より低くなる現象。低下する温度差はエルニーニョ現象での上昇温度差より一般的に小さい。→ダイポールモード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android