コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

騎射/馬弓 ウマユミ

デジタル大辞泉の解説

うま‐ゆみ【騎射/馬弓】

馬上で行う弓矢の競技。端午の節会(せちえ)に行う近衛の武官の騎射(きしゃ)をはじめ、流鏑馬(やぶさめ)笠懸(かさがけ)犬追物などの総称。まゆみ。きしゃ。→歩射(かちゆみ)

き‐しゃ【騎射】

[名](スル)
馬上から弓を射ること。⇔歩射(ぶしゃ)
馬上から弓を射る行事。朝廷では5月5日に行われた騎射の節(せち)、武家では流鏑馬(やぶさめ)笠懸(かさがけ)犬追物(いぬおうもの)などがある。うまゆみ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きしゃ【騎射】

( 名 ) スル
馬上から弓を射ること。また、その儀式。朝廷で騎射の節せちに行われた馬弓や、武家で行われた犬追物いぬおうもの・笠懸かさがけ・流鏑馬やぶさめなど。 ↔ 歩射ぶしや

まゆみ【騎射】

うまゆみ(馬弓) 」に同じ。 「射手人のあやめのかづらながきねにけふの-を引きやそへまし/年中行事歌合」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

騎射
きしゃ

騎馬で的を射る弓技。馬射とも書き、「うまゆみ」とも訓(よ)む。朝廷では5月5日の端午の節日に、天皇が武徳殿に臨幸して衛府の官人の騎射を御覧になるのが例であり、これを騎射の節ともよぶ。騎射に先だつ4月28日(小の月は27日)には、天皇が櫪飼(いたがい)(馬寮(めりょう)の厩(うまや)で飼養)・国飼(諸国の牧から貢進)の馬を武徳殿で閲する駒牽(こまひき)の儀があり、また節日を挟む5月3~6日には左右衛府の手結(てつがい)も行われた。後の武家の流鏑馬(やぶさめ)につながるものである。[杉本一樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の騎射/馬弓の言及

【端午】より

…また,奇(くす)しく霊なる意味から薬の玉を室内に飾り,身につけ,邪気をはらう意があった薬玉(くすだま)は,寿命を延べることから続命縷(しよくめいる)と称し,五色の糸で作り季節の花を,それにつけて贈答する風もあった。平安時代には,天皇が武徳殿に出席して騎射(うまゆみ)と競馬が5日,6日の2日間にわたって行われ,のち宴が催された。武家時代には,印地打(いんじうち)(印地。…

【手結】より

…射術を競う朝廷の年中行事である射礼(じやらい),賭射(のりゆみ),騎射(うまゆみ)の前に行う武芸演習をいう。手は射手,結は番(つがう)(2人を組み合わせる)の意味。…

【的】より

…海上射撃では水上を曳航(えいこう)される的を船上あるいは海岸から射撃する。アーチェリー射撃競技【妹尾 幹】
[日本]
 弓矢の的には鍛錬用と歩射(かちゆみ∥ぶしや)用,騎射(うまゆみ)用の別がある。射法を鍛錬するためには〈つくら〉といって〈ねこがき〉または〈ねこた〉という織り方のむしろを巻いて作り,台の上にすえて小口を射るのを例とした。…

※「騎射/馬弓」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

騎射/馬弓の関連キーワード真手結・真手番荒手結・荒手番馬上の三つ物弓は三つ物小笠原貞宗下毛野公助小笠原長秀引折・日折五日の節会王君ちゃく一具弓懸騎射の節牛追物武徳殿馬埒殿内馬場三つ的馬場殿真手番馬場屋

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android