五百塵点劫(読み)ゴヒャクジンデンゴウ

デジタル大辞泉の解説

ごひゃく‐じんでんごう〔‐ヂンデンゴフ〕【五百×塵点×劫】

仏語。計り知れないほどの長い時間。釈迦が仏となってから長い年月が過ぎたことを示す。五百塵点。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ごひゃくじんでんごう【五百塵点劫】

〘仏〙 無限に長い時間。「法華経」寿量品で釈迦成仏以来の時間を示す。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごひゃく‐じんてんごう ‥ヂンテンゴフ【五百塵点劫】

〘名〙 仏語。はかり知れない長い時間の意で、釈迦が仏となって経た久遠の年月を示すことば。五百塵点。
梁塵秘抄(1179頃)二「五百塵点劫よりも、彼方に仏と見えたまふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android