彼方(読み)アチ

デジタル大辞泉の解説

あ‐ち【方】

[代]遠称の指示代名詞。あっち。あちら。
「畠主、―へまはり、こちへまはりして」〈虎明狂・竹の子

あち‐ら【方】

[代]
遠称の指示代名詞。話し手・聞き手から離れた方向・場所・物をさす。
㋐あの方向。むこう。「皆さま、彼方をごらんください」「彼方からだれか来る」
㋑遠く離れた場所。外国、特に、欧米諸国。「彼方には五年ほどおりました」「彼方仕込みの流暢(りゅうちょう)な英語」
㋒あの物。あれ。「それとも彼方になさいますか」
三人称の人代名詞。あの人。あのかた。「彼方の御都合を伺ってから決めます」「彼方がお父さまですか」

あっ‐ち【方】

[代]《「あち」の音変化》遠称の指示代名詞。「あちら」よりもくだけた感じの語。「彼方を見てごらん」

あ‐な‐た【方】

[代]
遠称の指示代名詞。
㋐離れた場所・方向などをさす。向こう。あちら。
「山の―の空遠く」〈上田敏訳・海潮音・山のあなた〉
「北の障子の―に人の気配するを」〈帚木
㋑以前。昔。
「昨日今日とおぼすほどに、三年(みとせ)の―にもなりにける世かな」〈・朝顔〉
三人称の人代名詞。対等または上位者に用いる。あちらのかた。あのかた。
「―にも語らひのたまひければ」〈・藤裏葉〉
[補説]1㋐から2を経て、近世中期に上位者に用いる二人称人代名詞「あなた(貴方)」の用法が生まれた。

か‐な‐た【方】

[代]遠称の指示代名詞。
話し手・聞き手の双方から離れた場所・方向をさす。また、現在から遠く離れた過去・未来を示す。あちら。あっち。「彼方の山」「忘却の彼方
ある物に隔てられて見えない場所・側などをさす。向こうがわ。「山の彼方」「海の彼方の国」
[補説]書名別項。→彼方

かなた【彼方】[書名]

《原題、〈フランス〉Là-basユイスマンス長編小説。1891年刊行。悪魔主義を題材としている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あち【彼方】

( 代 )
遠称の指示代名詞。あちら。あっち。 「こち押し、-押し/宇治拾遺 11

あちら【彼方】

( 代 )
遠称の指示代名詞。「あっち」より丁寧な言い方。
あの方角。むこう。 「北は-です」 「 -に見えますお城が姫路城です」
あそこにある物。 「こちらよりは-の方がお似合いかと存じます」
あの場所。遠く離れた所、特に、外国・欧米をいう。 「 -じこみのスタイル」 「 -風のもてなし方」
三人称。「あの人」「あの人々」「あの家」などを軽く敬っていう語。 「 -(さま)はどなたさまですか」 「 -からの御申しこみ」

あっち【彼方】

( 代 )
〔「あち」の転〕
遠称の指示代名詞。「あちら」のくだけた言い方。 「 -へ行け」 「 -の方がいい」
三人称。「あちら」のくだけた言い方。 「 -の言い分ももっともだ」

かなた【彼方】

( 代 )
遠称の指示代名詞。
あるものを越して、話し手から遠く離れた先の方、またはその場所をさす。むこう。あなた。 「海の-の国」 「二万光年の-の星」
現在から遠く隔たった過去および未来をさす。 「歴史の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あ‐ち【彼方】

〘代名〙 他称。話し手、聞き手両者から離れた方向を指し示す(遠称)。また、二つのもののうち、話し手、聞き手両者から遠い方。あちら。あっち。⇔こち
※神楽歌(9C後)早歌「〈本〉安知(アチ)の山背山、〈末〉背山や背山」
※宇治拾遺(1221頃)一一「集(つど)ひたるものども、こち押し、あち押し、ひしめきあひたり」

あち‐ら【彼方】

〘代名〙
[一]
① 他称。話し手、聞き手両者から離れた方向、場所を指し示す(遠称)。また、二つのもののうち、話し手、聞き手から遠いほうを指す。
※玉塵抄(1563)二四「死して為隣とよむか。又死を為隣の心か。となりはあちらなり。死せうすことがちかいと云心か」
② 他称。話し手、聞き手両者から離れた人を指し示す(遠称)。
※洒落本・遊子方言(1770)霄の程「兄(あに)さん、其三味線箱、あちらへ上げてくんなんし」
[二] 名詞的用法。外国、特に欧米を指す。
※開化のはなし(1879)〈辻弘想〉初「万民を救護さるる、神聖なる人だと西土(アチラ)の書籍(ほん)に記してあるといはれました」

あっ‐ち【彼方】

〘代名〙 (「あち(方)」の変化した語)
① 他称。話し手、聞き手から離れた方向などを指し示す(遠称)。また、二つの物のうち、話し手、聞き手から遠い方の物を指す。
※杜詩続翠抄(1439頃)二「大雨水両涯漫々としてあっちのきしの馬牛不可弁也」
※虎明本狂言・末広がり(室町末‐近世初)「まだそこにおるか。あっちへうせおれ」
② 名詞的用法。
(イ) 冥土(めいど)。あの世。
※歌舞伎・籠釣瓶花街酔醒(1888)四「十に八九は冥土(アッチ)の者」
(ロ) 遊里。
※人情本・英対暖語(1838)初「あれが里(アッチ)の癖だアナ」
(ハ) 外国。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「いにしへ安部仲麿は、古里の月を、おもひふかくは読れしに、我はまた、あっちの月、思ひやりつると」

あっ‐ちゃ【彼方】

〘代名〙 (「あちら(彼方)」の変化した語) 他称。話し手、聞き手両者から離れた方向などを指し示す、近世上方の語(遠称)。
雑俳・銭ごま(1706)「浜中はすっきりあっちゃ贔屓(びいき)なり」

あっち‐ら【彼方】

〘代名〙 (「あちら(彼方)」の変化した語) 他称。話し手、聞き手両者から離れた方向などを指し示す(遠称)。
※歌謡・松の葉(1703)三・馬方「歩めや歩め、歩まにゃならぬ、あっちらな、こっちらな」

あの‐かた【彼方】

〘代名〙 他称。話し手、聞き手両者から離れた人を指し示す(遠称)。上位者に用いる。〔日葡辞書(1603‐04)〕
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「全体あの方は洋行なすった事があるのですかな」

か‐な‐た【彼方】

〘代名〙
① 他称。話し手、相手両者から離れた方向を指し示す(遠称)。また、現在を起点として過去・未来の時間を示す。
※地蔵十輪経元慶七年点(883)七「今より以往(カナタ)は永に復作らずして当来に所有(あらえ)む罪障を防護せむ」
※徒然草(1331頃)一一「かなたの庭に大きなる柑子の木の、枝もたわわになりたるが」
② 他称。物に隔てられて見えない側を指し示す(遠称)。むこう側。
※今昔(1120頃か)一九「箭を放つ、鹿の右の腹より彼方(かなた)に鷹胯を射通しつ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

彼方の関連情報