コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

彼方 アチ

デジタル大辞泉の解説

あ‐ち【方】

[代]遠称の指示代名詞。あっち。あちら。
「畠主、―へまはり、こちへまはりして」〈虎明狂・竹の子

あち‐ら【方】

[代]
遠称の指示代名詞。話し手・聞き手から離れた方向・場所・物をさす。
㋐あの方向。むこう。「皆さま、彼方をごらんください」「彼方からだれか来る」
㋑遠く離れた場所。外国、特に、欧米諸国。「彼方には五年ほどおりました」「彼方仕込みの流暢(りゅうちょう)な英語」
㋒あの物。あれ。「それとも彼方になさいますか」
三人称の人代名詞。あの人。あのかた。「彼方の御都合を伺ってから決めます」「彼方がお父さまですか」

あっ‐ち【方】

[代]《「あち」の音変化》遠称の指示代名詞。「あちら」よりもくだけた感じの語。「彼方を見てごらん」

あ‐な‐た【方】

[代]
遠称の指示代名詞。
㋐離れた場所・方向などをさす。向こう。あちら。
「山の―の空遠く」〈上田敏訳・海潮音・山のあなた〉
「北の障子の―に人の気配するを」〈帚木
㋑以前。昔。
「昨日今日とおぼすほどに、三年(みとせ)の―にもなりにける世かな」〈・朝顔〉
三人称の人代名詞。対等または上位者に用いる。あちらのかた。あのかた。
「―にも語らひのたまひければ」〈・藤裏葉〉
[補説]1㋐から2を経て、近世中期に上位者に用いる二人称人代名詞「あなた(貴方)」の用法が生まれた。

か‐な‐た【方】

[代]遠称の指示代名詞。
話し手・聞き手の双方から離れた場所・方向をさす。また、現在から遠く離れた過去・未来を示す。あちら。あっち。「彼方の山」「忘却の彼方
ある物に隔てられて見えない場所・側などをさす。向こうがわ。「山の彼方」「海の彼方の国」
[補説]書名別項。→彼方

かなた【彼方】[書名]

《原題、〈フランス〉Là-basユイスマンス長編小説。1891年刊行。悪魔主義を題材としている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あち【彼方】

( 代 )
遠称の指示代名詞。あちら。あっち。 「こち押し、-押し/宇治拾遺 11

あちら【彼方】

( 代 )
遠称の指示代名詞。「あっち」より丁寧な言い方。
あの方角。むこう。 「北は-です」 「 -に見えますお城が姫路城です」
あそこにある物。 「こちらよりは-の方がお似合いかと存じます」
あの場所。遠く離れた所、特に、外国・欧米をいう。 「 -じこみのスタイル」 「 -風のもてなし方」
三人称。「あの人」「あの人々」「あの家」などを軽く敬っていう語。 「 -(さま)はどなたさまですか」 「 -からの御申しこみ」

あっち【彼方】

( 代 )
〔「あち」の転〕
遠称の指示代名詞。「あちら」のくだけた言い方。 「 -へ行け」 「 -の方がいい」
三人称。「あちら」のくだけた言い方。 「 -の言い分ももっともだ」

かなた【彼方】

( 代 )
遠称の指示代名詞。
あるものを越して、話し手から遠く離れた先の方、またはその場所をさす。むこう。あなた。 「海の-の国」 「二万光年の-の星」
現在から遠く隔たった過去および未来をさす。 「歴史の-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

彼方の関連キーワードジョナサン キング貴方任せ・彼方任せシャトーブリアン逃げ迷う・逃迷うOTHレーダー答える・応える墓の彼方の回想ハネス ボクスチューベンにらいかない埴生の小屋小山希来々清水由美子與那城彼方指示代名詞青の洞門椎名麟三押向ける彼方此方極重悪人

彼方の関連情報