五目豆(読み)ゴモクマメ

大辞林 第三版の解説

ごもくまめ【五目豆】

煮豆の一。大豆をニンジン・ゴボウ・レンコン・昆布などといっしょに煮たもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ごもく‐まめ【五目豆】

〘名〙 大豆に、ごぼう、れんこん、にんじん、くわいなどをまぜて煮た料理。正月の儀式に用いる。五目

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の五目豆の言及

【ダイズ(大豆)】より

…発酵加工によって,みそ,しょうゆ,納豆がつくられ,豆乳加工によって豆腐湯葉,さらに油揚げ,凍豆腐その他の二次加工品がつくられる。煮豆では,甘く煮たブドウ豆,ニンジン,ゴボウ,こんにゃくなどと甘辛く煮た五目豆,正月の祝膳に欠かせぬ黒豆などのほか,東京では味をつけずに柔らかく煮上げただけのものを〈みそ豆〉と呼び,カラシじょうゆをからめて朝食の菜にすることが多かった。いって粉にしたきな粉は菓子の材料として多用される。…

※「五目豆」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

五目豆の関連情報