くわい

デジタル大辞泉プラスの解説

くわい

広島県、京都府埼玉県などで生産される野菜。オモダカ科の水生多年草で、塊茎食用にする。栽培の歴史は古く、平安時代からとも室町時代からとも言われる。芽がでた形状から「めでたい」縁起物とされ、おせち料理にも使われる。京都府では「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

くわい[根菜・土物類]

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市の東寺付近の湿地で藍の裏作として栽培されたのが始まりという。特有のほろ苦さが特徴。京都のおせち料理に欠かせない一品。煮物のほか揚げ物・鍋物にもよい。現代は京都市などでわずかに栽培が続けられている。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くわいの関連情報