くわい

デジタル大辞泉プラスの解説

くわい

広島県、京都府、埼玉県などで生産される野菜オモダカ科の水生多年草で、塊茎食用にする。栽培の歴史は古く、平安時代からとも室町時代からとも言われる。がでた形状から「めでたい」縁起物とされ、おせち料理にも使われる。都府では「京の伝統野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

くわい[根菜・土物類]

近畿地方、京都府の地域ブランド。
京都市の東寺付近の湿地裏作として栽培されたのが始まりという。特有のほろ苦さが特徴。京都のおせち料理に欠かせない一品。煮物のほか揚げ物・鍋物にもよい。現代は京都市などでわずかに栽培が続けられている。京の伝統野菜。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

アラビックヤマト

ヤマト株式会社の液状のりのブランド名。1975年発売。スポンジキャップと速乾性が特徴。スタンダードのほか、先がカーブしている「エル」、太・細塗りが出来る「ツイン」、スポンジ部分を下にして置ける「さかだ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

くわいの関連情報